読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牝馬クラシック主役はソウルスターリング!2歳女王が牝馬界を牽引する存在になるのか?

           f:id:scandal1:20170222114314j:plain

 

牝馬のクラシック候補No.1と言えばソウルスターリングでしょう。年末の阪神JFで優勝して2歳女王の座を手にしています。もしクラシック路線で活躍することになれば今後の牝馬戦線を牽引する存在になるかもしれません。今回はそんなソウルスターリングについて紹介していきたいと思います。

 

 

・注目血統のソウルスターリング

ソウルスターリングはデビュー前から注目の存在でした。なぜならソウルスターリングの血統は期待感溢れるのです。ソウルスターリングの父は伝説的なGⅠ10勝のフランケルで母はGⅠ6勝のスタセリタです。合計GⅠ16勝とデビュー前から話題になっていたのです。ちなみに、フランケルにとっては種牡馬入りして初めての年度だけに能力は未知数だった。

 

・デビューしたら快進撃

デビュー前から話題になっていたソウルスターリングですが、能力も高いのではと噂になっていました。管理している藤沢和雄調教師も太鼓判だった。2016年7月のデビューである2歳新馬戦(芝・1800m)では圧倒的な1番人気に推された。結果は上り最速で勝ち切っている。2戦目となったアイビーS(芝・1800m)でも上り最速タイで圧勝している。走るごとに評価を上げていったソウルスターリング

 

・2歳女王へ

ここからソウルスターリングは2歳女王へ挑戦するべく阪神JF(芝・1600m)へ。ソウルスターリングは1番人気ながらも、他には注目馬のリスグラシューなどが粒ぞろいのメンバーが揃っていました。ソウルスターリングは好位を追走して最後もしっかり伸びて2歳女王になりました。

 

・今後の予定

今後のソウルスターリングの出走予定はチューリップ賞からの桜花賞というローテーションのようです。まさに3歳牝馬の王道だけに期待したい。チューリップ賞では阪神JFで戦ったリスグラシューも参戦予定。まずはチューリップ賞を完勝してクラシック路線へ挑みたいところでしょう。

 

・クラシックから牝馬女王へ

ソウルスターリングにはクラシック路線で活躍してから古馬との戦いが期待されています。メジャーエンブレムシンハライトなど4歳牝馬が引退。現在は古馬牝馬が手薄になっています。3歳牝馬で活躍して古馬牝馬とも好勝負を演じて欲しいところです。フランケン伝説は種牡馬となってからも続くのかもしれない。

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!