読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝ち負け激しい3歳馬・タガノアシュラ!次走はすみれSが濃厚、今度は快勝を目指す

           f:id:scandal1:20170221194418j:plain

 

2月26日阪神競馬場で開催されるすみれSにタガノアシュラが出走するのが濃厚になっています。今まで5戦2勝も大敗続きだけに評価が落ちているなら狙い目かもしれないです。今回はすみれSで注目の3歳馬・タガノアシュラについて紹介したいと思います。

 

・タガノアシュラの血統やその他情報

タガノアシュラの父はマンハッタンカフェで母はレイサッシュ。半兄には4勝を挙げているグランドサッシュや3勝を挙げているタガノカムイがいます。母父はパラダイスクリークで母母はゴールデンサッシュです。調教師は五十嵐忠男厩舎で馬主は八木良司さんだ。

 

・今までの成績

タガノアシュラの成績は5戦2勝です。2016年7月の2歳新馬戦(芝・1800)ではレコード記録で1着。2走目は重賞の札幌2歳S(芝・1800m)に挑戦するも8着に敗れています。しかし、続く3走目の黄菊賞で大逃げを打って圧勝。しかし、その後の朝日杯FSでは14着、きさらぎ賞では7着と敗れています。圧倒的な力で勝つか、それとも惨敗かのどちらかしかないタガノアシュラ。次走のすみれSでは圧倒的なパフォーマンスを披露できるのかが注目です。

 

・人気落ちなら狙うのもあり

馬券的にはタガノアシュラを狙うのはあるでしょう。とくに前走・前々走で惨敗しているため人気がガクンと落ちているようならチャンスです。実力は持っている馬なので最高のパフォーマンスさえすれば勝ち切ることも考えられます。また、今回は芝・2200mと距離延長。タガノアシュラにとって距離延長はむしろ歓迎でしょう。オッズと相談して馬券を購入してみてはどうでしょうか。

 

・鞍上も誰か注目

今まで浜中俊騎手に武豊騎手、岩田康誠騎手が騎乗しているタガノアシュラ。今回の出走も阪神競馬場で関西だがどうも国分恭介騎手が濃厚のようだ。調教でも国分恭介騎手が乗っていたという情報もあります。今までの5戦中3回も騎乗している武豊騎手とのコンビも見たいが、新コンビのタガノアシュラと国分恭介騎手との相性は気になります。どこまでタガノアシュラの能力を引き出せるのかに注目です。

 

・ライバルはレジェンドセラーやダノンディスタンスか?

今回のすみれSでライバルとなりそうなのがレジェンドセラーです。5戦1勝ながら2着2回、3着2回と安定した走りをしています。また、ダノンディスタンスも有力です。4戦2勝で前走は2歳OPの若駒Sで2着となっています。しかも2着とは言えハナ差であり、3着とは5馬身も離れており実力は十分です。とにかくタガノアシュラにはこれらのライバルを蹴散らして春に向けて頑張ってほしいですね。

 

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!