読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週はチューリップ賞に注目!過去のデータを分析、話題のソウルスターリングやリスグラシューはどうなのか!?

注目レースのデータ分析

           f:id:scandal1:20170302204707j:plain

 

今週の3月4日にはチューリップ賞が開催されます。今回のチューリップ賞は激アツ。クラシック候補のソウルスターリングリスグラシューが登場。昨年もシンハライトとジュエラーが出走して活躍しました。今年も注目のレースになること間違いなしです。そこで今回はチューリップ賞のデータを分析してみましょう。

 

チューリップ賞って

そもそもチューリップ賞とはクラシックの1冠目である桜花賞のトライアルにあたります。チューリップ賞阪神競馬場の1600mとあって本番である桜花賞と同じ舞台であり桜花賞の前哨戦でもあります。

 

過去にはチューリップ賞をステップにして桜花賞で優勝した馬が多くいます。2014年のハープスターチューリップ賞を制覇して桜花賞も勝利。昨年はチューリップ賞の1・2着がシンハライトとジュエラーが桜花賞でも1・2着と上位独占。チューリップ賞桜花賞を占う上で重要なレースなのです。

 

・人気から見るデータ分析

チューリップ賞単勝人気から分析してみました。上位人気がしっかり勝っている印象で信用が高いです。

          過去十年間の人気別成績

1番人気  (4・3・1・2) 勝率40%・連対率70%・3着率80%

2番人気  (1・2・2・5) 勝率10%・連対率30%・3着率50%

3番人気  (1・1・0・8) 勝率10%・連対率20%・3着率20%

4番人気  (1・1・0・8) 勝率10%・連対率20%・3着率20%

5番人気  (2・0・2・6) 勝率20%・連対率20%・3着率40%

6・7番人気 (0・3・2・15) 勝率   0%・連対率15%・3着率25%

8・9番人気 (1・0・2・17) 勝率   5%・連対率  5%・3着率15%

10番人気  (0・0・1・57) 勝率   0%・連対率  0%・3着率1.7%

 

1番人気が圧倒的な活躍を見せていますね。頭は5番人気まででいいでしょう。ただ、6・7番人気も3着率25%あるので穴を狙うなら6・7人気の2・3着付けがおすすめです。

 

       スポンサードリンク

・前走別成績のデータを分析

過去十年の前走レース別のデータを調べてみました。成績で抜けているのが前走阪神JF。やはり2歳で女王を争ったメンバーが上位にくる可能性が高いです。

 

        過去十年の前走別データ

 阪神JF   (5・4・4・8)勝率23.8%・連対率42.9%・3着率61.9%

シンザン記念 (0・2・0・1)勝率   0%・連対率66.7%・3着率66.7%

その他のGⅢ (0・1・1・8)勝率    0%・連対率10.0%・3着率20.0%

オープン特別 (2・1・2・30)勝率 5.7%・連対率  8.6%・3着率14.3%

 

中心は阪神JFが前走の馬が狙い目ですね。圧倒的に成績を残しています。上記以外にも前走が新馬・未勝利や500万下のレースの馬も1着経験はあるものの成績はあまりよくなりません。

 

ディープインパクト産駒に注目

ディープインパクト産駒がデビューしたのは2010年。つまり、2011年以降はチューリップ賞に産駒が出走することが可能。2011年から2016年の過去5年間でディープインパクト産駒はハープスターシンハライトが制覇。ディープインパクト産駒はチューリップ賞と相性が良いようです。

 

   スポンサードリンク 

・今年注目の馬は?

そうなると注目はソウルスターリングリスグラシューは狙い目でしょう。今回のメンバーに阪神JFに出走したのはソウルスターリングリスグラシューだけ。さらに1・2番人気になることはほぼ間違いない。このことからもソウルスターリングリスグラシューは馬券に入ってくることでしょう。

 

また、ディープインパクト産駒として注目はダノンディーヴァです。ディープインパクト産駒というだけでなく鞍上は絶好調のM.デムーロ騎手に乗り替わり。今まで5走1勝と人気にならないでしょう。穴狙いならダノンディーヴァがおすすめです。2・3着付けで勝負してみてはどうでしょうか。

    スポンサードリンク

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!

弥生賞はダイワキャグニーに期待!キングカメハメハ産駒の良血馬が2連勝で挑む

2017年 注目3歳馬

           f:id:scandal1:20170228215518j:plain

 

いよいよクラシック路線が騒がしくなってきました。クラシックを賑わす3歳馬が3月5日の弥生賞には登場します。弥生賞の登録は15頭が登録。ブレスジャーニーやカデナなど注目馬が集まるなか狙い目はダイワキャグニー。そこで今回はダイワキャグニーについて紹介していきたいと思います。

 

・ダイワキャグニーの血統

ダイワキャグニーの父はキングカメハメハで母はトリプレックス。母父はサンデーサイレンスで母母はトリプルワウ。超良血として注目されていたダイワキャグニーはセレクトセールでも話題になりました。

 

セレクトセールでは高額の1億500万円で取引されたダイワキャグニー。そのためデビュー前から注目度が高かったのです。ちなみに、ダイワキャグニーの馬主は大城敬三さんで管理しているのは菊沢隆徳調教師です。

 

・期待通りの初戦

デビュー前から期待されていたダイワキャグニーは2016年11月6日の2歳新馬戦(東京・芝1800m)に登場。注目されていたものの、パドックで馬っ気をを出していただけに5番人気になっていました。

 

レースはパルフォクォーツとノーブルプルートの2頭が抜けてレースを引っ張る中、ダイワキャグニーは好位を追走。4コーナーから直線に入るとスパートし、メンバーで上り最速の34.0の脚を使って快勝しました。

 

     スポンサーサイト

・さらに進化した2戦目

2戦目は2017年1月29日のセントポーリア賞(東京・芝1800m)を選択したダイワキャグニー。キセキやバルデスなど注目馬が集まり、ダイワキャグニーは6番人気でした。

 

レースはまたも好位を追走したダイワキャグニー。道中2番手を追走し、直線の早い段階から先頭に立った。最後は後続が詰め寄ろうとするものの、ダイワキャグニーは長く良い脚を使い2着に2馬身半の差をつけて圧勝。これでダイワキャグニーはさらに評価をあげることとなりました。

 

・注目の弥生賞と心配な部分

3月5日の弥生賞でも注目の存在であるダイワキャグニー。しかし、心配な部分もります。ひとつは中山で出走するのが初という点です。今まで東京しか経験がなく、中山の右回りに4つのコーナーの適性が問題でしょう。

 

また、もうひとつ馬の若さが心配。初戦ではパドックで馬っ気を出していただけにまだ若さがあります。さらに、レースも序盤は行きたがる素振りを見せていたのが心配点です。これらの心配点をしっかり克服して弥生賞で優勝してクラシック路線で大活躍してほしいです。

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!

馬券生活者に聞いてみた!競馬予想や競馬に勝つのに必要なもの・こととは?

競馬雑記

           f:id:scandal1:20170227214558j:plain

 

実は世の中には馬券で生活を送る人がいます。そこで今回は馬券で生活を送っている人に勝つために必要なものを聞いてみました。ちなみに、この馬券で生活を送っている人は現地で常に馬券を購入しておりパドックを見てから馬券を購入するようです。

 

・平常心を常に保つ

まず最初に言われたのが平常心を保つことだそうです。実はこれをできないギャンブル好きが多いとのことです。確かに周りでギャンブルで負けている人は平常心を保つことができない人が多い気がします。

 

例え予想を外しても平常心で馬券を購入しなければ負の連載になります。最悪なのはオッズを見て一発逆転を狙って一か八かの馬券を購入する人とのことです。どれほど浮き沈みが激しくても平常心だけは保つのが大切です。

 

     スポンサーサイト

リスク管理を徹底的に

絶対にリスクを冒してはいけないとのことです。体重があまりにも増えている馬や長期休養明けの馬などリスクがある場合は見することを徹底しているとのことです。

 

確かに、休養明けの馬が大幅に馬体重が増加していた場合難しい。成長していると見ることもできれば、余裕をもって調教したようにも映る。少しでもリスクがあった場合は見にするのはいいのだろう。

 

パドックで様子を見る

必ず馬券を購入する場合はパドックを見ることにしているとのことです。競馬は過去の積み重ねとのことで、前回のパドックの様子と成績を今回の様子と結び付けて予想をするとのことだ。

 

競馬の利点はこことのことです。今までの出走を参考にして馬券の予想を組み立てることができるのだ。知っていることが重要なのだという。特徴やクセなどまで覚えて予想の情報に加えるとのことなのです。

 

     スポンサーサイト

 

・展開予想を必ずする

展開予想は必須だという。逃げる馬や控える馬、後方待機の馬がどの枠でどんな隊列になるのかを予想するとのことです。逃げる馬が本命なら楽に逃げれるのか、または逃げれなかった場合はどんな展開が考えられるのかを予想してここでもリスクを考量するという。

 

必ずしも展開予想ができるレースばかりではない。その場合は絶対に見するとのことです。『展開がわからない=予想が成り立たない』ということらしい。つまり予想できるレース以外は買わないとのことです。

 

・まとめ

馬券生活を送っている人の話を聞いて一番大事なのは平常心を保つことだとわかった。これは負けているときだけでなく調子が良いときもだという。慢心してはいけないのだ。また、見することをできるかできないかで大きく収支が変わってくるとのこと。

 

自信がない場合は絶対に見するようにしましょう。また、まずは情報を集めることが大切です。情報を集めて勝てる可能性は1%でも上げて競馬を楽しみましょう。

 

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!

クリンチャーがすみれSで後続に4馬身差をつけて圧勝!今後注目の3歳馬候補に

2017年 注目3歳馬

           f:id:scandal1:20170226225210j:plain

 

2月26日に阪神競馬場にて開催されたすみれSでクリンチャーが後続の4馬身差をつけて圧勝しました。もしかしたらクラシック路線に向けて注目の1頭が現れたのかもしれないですね。そこで今回はクリンチャーについて紹介していきたいと思います。

 

・クリンチャーの血統

クリンチャーは父がディープスカイで母がザフェイツです。また、母父はブライアンズタイムで母母はミスジャグラです。半兄にはワキノブレイブがいます。ワキノブレイブは6勝を挙げており7歳となった現在も現役のOPです。クリンチャーにも十分秘めたる能力があることが考えられます。

 

・初戦は大敗・・・

クリンチャーの初戦は2017年1月16日の中京3歳新馬戦(芝・2000m)です。11番人気で出走。レースは中団外目を追走で早めからジョッキーの手が動いていました。しかし、まったく反応がなくズルズル後退していき12着に終わっています。

 

・大穴の2戦目

クリンチャーは2戦目は2017年1月16日京都の3歳未勝利戦(芝・2000m)に出走しました。14頭立ての14番人気だったクリンチャー。鞍上は丸山元気騎手から藤岡佑介騎手に乗り替わって挑みました。前走とは打って変わって気合いを入れてハナに立ったクリンチャーはマイペースに逃げて最後は後続に3馬身差をつけてまさかの勝利となりました。ちなみに、このときの単勝は24,480円と大穴。3連単は1,285,410円と100万円を超える配当となりました。

 

・すみれSでも圧勝して注目馬へ

格上挑戦となったすみれSも7頭立ての4番人気とそこまで人気にはなりませんでした。今回はタガノアシュラがハナに立ち好位の3番手に控えたクリンチャー。3~4コーナーで徐々に進出し直線で早めに先頭に立つと後続に4馬身差をつけて圧勝しました。上りもメンバー最速で控える競馬もできる所を見せた今回。今後クラシック路線でも注目の一頭になりえるのかもしれません。

 

皐月賞へ直行が濃厚

すみれSを快勝したクリンチャーですが今後は皐月賞へ直行するのが濃厚です。事実、クリンチャーの宮本調教師は「今後は直行で皐月賞に向かいたいと思います」とコメントしているのです。新馬戦のときは馬ができていなかったようで今回のすみれSで十分成長した姿を見せることができたクリンチャー。もしかしたらクラシック路線でも大活躍することができるかもしれない。あとは成長曲線がどこまで伸びていくかだけだろう。今後のクリンチャーの活躍に注目していきましょう。

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!

藤田七菜子が2月25日小倉で2017年初勝利!小倉8Rでリルティングインクで今年1勝目を挙げる

競馬ニュース

          f:id:scandal1:20170225154228j:plain

 

昨年デビューした藤田七菜子騎手が2月25日に2017年初勝利を挙げました。今年は4着が最高でなかなか成績が付いてこなかった藤田七菜子騎手。しかし、今回の勝利でまた成長したのではないでしょうか。

 

・小倉8Rで今年初勝利

待望の2017年初勝利は2月25日の小倉8Rでした。小倉8Rは4歳以上500万下の牝馬で1200m芝で行われました。藤田七菜子騎手は同レースでリルティングインクに騎乗。リルティングインクは6番人気でした。リルティングインクは好位でレースを進め、直線からスパート。最後は2番人気のユキノカトレアとの激しい叩き合いを制してクビ差で勝ちました。久しぶりの勝利に藤田七菜子騎手も嬉しそうでした。

 

・藤田七菜子はリルティングインクと好相性!?

実は藤田七菜子騎手がリルティングインクに騎乗するのは今回で3回目。昨年の11月20の福島開催3歳上500万下で手綱を取り10番人気ながら3着に持ってきています。次走の12月18日の中京開催3歳上500万下では8番人気で9着と振るわなかったものの、今回の騎乗で見事に1着を取りました。藤田七菜子騎手とリルティングインクは好相性なのかもしれませんね。今後もリルティングインクに藤田七菜子騎手が騎乗するようなら期待ですね。

 

・2月25日藤田七菜子の成績

藤田七菜子騎手は2月25日に小倉競馬場にて5鞍騎乗しています。1Rはサンドベージュに騎乗し10番人気で15着。4Rはコウユ―カゼニノリに騎乗し7番人気で9着。5Rではミディに騎乗し8番人気で12着。8Rはリルティングインクに騎乗し6番人気で1着。9Rはコウセイオリーブに騎乗し9番人気で5着となった。今年初勝利に加え9Rでは掲示板も確保した。少しは藤田七菜子騎手も乗れてきているのかもしれないですね。

 

・2月26日は3鞍の予定

明日の2月26日は小倉競馬場にて3鞍騎乗する予定の藤田七菜子騎手。4Rではタカラノユメ、5Rのサヤネエ、8Rのコーディネーターとなっています。一番期待できるのが5Rに登場するサヤネエです。前走も藤田七菜子騎手が騎乗して初出走ながら新馬戦6着と善戦。明日の5Rは比較的に相手関係も緩いことから勝機はある。明日の藤田七菜子騎手は小倉5Rに注目してみましょう。

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!

ダート3歳馬はエピカリスに注目!!今後はUAEダービーへドバイ挑戦だ!

2017年 注目3歳馬

         f:id:scandal1:20170224163923j:plain

 

ヒヤシンスSを快勝したエピカリスはこれでデビューから無傷の4連勝を飾っりました。さらに、次走はドバイで開催されるUAEダービーに挑戦することが正式に決定されました。米国GⅠのケンタッキーダービーの出走権も獲得しているエピカリスだけに今後は注目となりそうです。そこで今回はUAEダービー挑戦が決まったエピカリスを紹介していきたいと思います。

 

エピカリスの血統に注目

エピカリスの父はゴールドアリュール、母はスターペスミツコです。ゴールドアリュールフェブラリーS東京大賞典ジャパンカップダートなどGⅠで4勝を飾っています。ゴールドアリュール産駒にはエスポワールシチースマートファルコンコパノリッキーら多くの競走馬がダートで活躍しています。また、母のスターペスミツコの産駒にはメイショウナルトが活躍。母父はカーネギーで母母はマーチンミユキです。

 

・初戦の2歳新馬戦で圧勝

デビューとなった2歳新馬戦(2016/8/14・新潟・ダート1800m)で圧巻のパフォーマンスを披露したエピカリス。スタート直後からスッとハナを奪い、途中でウォーターメロンに競りかかれるも慌てずに逃げました。最後の直線も余裕で突き放し、鞍上のC.ルメール騎手も後ろを振り向く余裕すらあり2着とは6馬身差をつけて完勝しました。すでにこのときからエピカリスはダート戦線で注目の馬となったのです。

 

・2戦目のプラタナス賞でさらに評価UP

その後はプラタナス賞(2016/10/15・東京・ダート1600m)に出走したエピカリス。10キロ増も圧倒的な1番人気に推されたプラタナス賞。今回は後方のインで脚を溜める恰好になりました。直線でから徐々に押し上げていったエピカリスはラスト1ハロンで鞍上のC.ルメール騎手がスパートをかけるとグングン後続に差をつけて7馬身差の圧勝となりました。プラタナス賞でエピカリスは逃げだけでなく控える形でも競馬ができることを証明したことでさらに評価を上げることになったのです。

 

・北海道2歳優駿に参戦

エピカリスは北海道2歳優駿(2016/11/1・門司・ダート1800m)に参戦。圧倒的な人気で単勝はなんと1.0倍でした。結果も圧勝です。スタートからすんなりとハナを奪ったエピカリス。常に1馬身のリードを保ったまま直線へ、そして直線では一気に突き放して大差で圧勝でした。門司への遠征で条件も良くないはずにも関わらずの圧勝だったのでさらに評価を跳ね上げることになりました。

 

ヒヤシンスSで4連勝

エピカリスは3歳になっての初戦にヒヤシンスS(2017/2/19・東京・ダート1600m)を選択。今回は前走から18キロ増で今まで一番重い馬体重で挑みました。好位でレースを進めたエピカリスは最後の直線でアディラートとスパートで競ったものの最後は完勝しています。これでエピカリスは4連勝となり米国のケンタッキーダービーへの挑戦権も獲得しました。

 

・次走はUAEダービー

無傷の4連勝になったことでダート3歳戦線で注目の一頭になったエピカリス。次走はUAEダービーに出走することが正式に決まっています。UAEダービーは昨年ラニが優勝しているので、もしエピカリスが勝てば日本馬の2年連続制覇となります。まだUAEダービー以降の出走予定は決まっていないものの、米国のケンタッキーダービーに出走する可能性があり注目です。今後のダート路線でも古馬相手に好勝負を演じてほしいですね。とにかく次走のUAEダービーの活躍に期待しましょう。

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!

競馬の魅了を紹介!競馬はギャンブルとしてだけじゃない魅了がたくさん。感動を競馬で!

競馬雑記

           f:id:scandal1:20170223223456j:plain

 

今回は競馬の魅了を紹介していきたいと思います。競馬はギャンブルとしてはもちろんですが、それ以外にも競馬には魅了が満載です。そこで今回は競馬のさまざまな魅力や楽しみ方を紹介します。

 

・ギャンブルとしての魅力

やはりギャンブルとしての魅力は十分あります。競馬(とくに中央競馬)は売り上げが高いので他の公共ギャンブルに比べて多額を賭けてもオッズは大して変わりません。つまり、一か八かのギャンブルを楽しめます。ただギャンブルとして競馬を楽しむのはいいですが借金をするのは止めましょうね。人生が破たんしてしまいますよ。

 

・スポーツとして楽しむ

競馬はスポーツとしても楽しめます。競馬を選手と例えてください。応援している馬が活躍するのに一喜一憂するのはなかなか魅力がありますよ。応援している馬がGⅠを制覇すれば嬉しいですし、引退となれば涙するぐらい悲しいです。競馬はスポーツとしての要因もあるのです。

 

・血統の物語を楽しむ

競馬に出場する出走馬はサラブレッドで血統が大事です。しかし、たまに血統を越えた活躍をする馬が出てくるのです。そんな競走馬の代表がオグリキャップでしょう。地方馬中央競馬に乗り込んで大活躍したオグリキャップ。これからもそんな馬が出てくることでしょう。また、逆に親子二代に渡って活躍するのも嬉しいですよ。競馬ファンにとっては血統を楽しむことができるのです。

 

・人の繋がりを楽しむ

競馬の魅了のひとつが人との繋がりです。競馬はジョッキーだけが関係者ではありません。馬主に調教師、その他厩舎関係者など多くの人が関わっているのです。それだけにさまざまな感動的な物語があります。それぞれの思惑が交差する競馬は見ているだけで感動することができて魅力のひとつです。

 

・最高は勝ったとき

やはり一番魅力で最高なのは自分の予想が的中して勝ったときでしょうね。何十万・何百万円ぶち込んで的中させたときは最高です。もちろん、それなりの根拠の上で大金をぶち込むわけですがレース前はジョッキーなみに緊張してますからね。大金を手にすることも最高ですが、やはり勝負に勝ったて感じるのが最高です。

      スポンサーサイト

競馬予想サイトを使用してみるのもおすすめ。

気軽に登録してみるのもありですよ!!